日本理化学工業株式会社

【川崎本社工場】〒213-0032 神奈川県川崎市高津区久地2-15-10
【美唄工場】〒072-0804 北海道美唄市東明二条3丁目2番10号 電話でのお問い合わせは044-811-4121まで

作品ギャラリー

クリエイターチーム「カラフル」キットパスを使ったワークショップ第2弾「恐竜パーク」(2013年8月11日)
2013/08/11 | 作品ギャラリー
クリエイターチーム「カラフル」キットパスを使ったワークショップ第2弾「恐竜パーク」(2013年8月11日)

クリエイターチーム「カラフル」キットパスを使ったワークショップ第2弾「恐竜パーク」(2013年8月11日)

デザイナーやアーティストが集まり創られたクリエイターチーム「カラフル」さんは、デザインの力で日本を元気にしたいというコンセプトでワークショップを行っています。
前回の2013年6月16日に続く第2弾として、8月11日に、恐竜パークワークショップを行いました。
フレスポ稲毛の真っ白な大きなホワイトボードの壁にキットパスで恐竜たちを描き、ダンボールでつくったさまざまな恐竜になって、恐竜パークで遊びました\(^▽^)/
素敵なワークショップの様子をどうぞご覧ください(^_-)-☆

恐竜パークワークショップ
日時:2013年8月11日 10:30〜17:00
場所:フレスポ稲毛 コミュニティスペース「まちスポ稲毛」


お盆休みの始まる週末の日曜日、恐竜パークを作ろう!というワークショップを行いました。
ダンボールを使って恐竜になっちゃうワークショップですが、開催したコミュニティスペース「まちスポ稲毛」の壁の一面がホワイトボードになっているので、そこにキットパスで大きな恐竜の絵を描きました。
まずは大人が恐竜の絵を描くと、こども達も一緒に参加!
色を塗るのを手伝ってくれたり、自分で恐竜の絵を描いたり、大きな壁いっぱいに描けるのがとにかく楽しそうです。
中にはオリジナル恐竜を描く子や、ついには恐竜には関係の無い絵を描き出す子も。
壁がとても広いので、こどもたちは全身を使ってお絵描きをしていました。

キットパスを持って壁に向かうとこどもたちの顔は真剣そのもの。
でも振り向くと満面の笑顔。
「恐竜ってどうなってたっけ?」なんて悩みながら、時間も忘れて夢中になって描いていました。

ダンボールで恐竜を作り、こちらは絵の具で塗りました。

個性豊かなダンボール恐竜が誕生し、恐竜に扮した子どもたちと、巨大恐竜アートの前で遊びました。


今後もフレスポ稲毛の自由に描ける壁やガラスを使って、キットパスでワークショップを継続して行っていく予定です。ご興味のある方はカラフルさんに直接お問い合わせくださいね。
カラフルのデザイナーのみなさん、素敵なワークショップをありがとうございましたクリエイターチーム「カラフル」キットパスを使ったワークショップ第2弾「恐竜パーク」(2013年8月11日)

<ワークショップ等のお問い合わせ>
メール:info@design-colorful.com
電話:03(6904)6225
COLORFUL(カラフル)公式ホームページクリエイターチーム「カラフル」キットパスを使ったワークショップ第2弾「恐竜パーク」(2013年8月11日)

クリエイターチーム「カラフル」キットパスを使ったワークショップ第2弾「恐竜パーク」(2013年8月11日)