日本理化学工業株式会社

【川崎本社工場】〒213-0032 神奈川県川崎市高津区久地2-15-10
【美唄工場】〒072-0804 北海道美唄市東明二条3丁目2番10号 電話でのお問い合わせは044-811-4121まで

イベント情報

川崎市岡本太郎美術館「遊び ひらく 岡本太郎展」参加型イベント「太郎であそぼう」コーナーにキットパスで参加しました(2015年7月18日〜10月4日)
2015/07/18〜2015/10/04 | イベント情報
川崎市岡本太郎美術館「遊び ひらく 岡本太郎展」参加型イベント「太郎であそぼう」コーナーにキットパスで参加しました(2015年7月18日〜10月4日)

川崎市岡本太郎美術館「遊び ひらく 岡本太郎展」参加型イベント「太郎であそぼう」コーナーにキットパスで参加しました(2015年7月18日〜10月4日)
川崎市岡本太郎美術館「遊び ひらく 岡本太郎展」参加型イベント「太郎であそぼう」コーナーにキットパスで参加しました(2015年7月18日〜10月4日)企画展&関連イベントチラシダウンロードできます(PDF 3.4Mb)



川崎市岡本太郎美術館の7月18日〜10月4日の企画展は、岡本太郎氏の「遊び」をテーマに作品を紹介する展覧会です。
岡本太郎氏の作品を「遊び」をテーマにとことん堪能できる展示になっていますが、入り口でもらえる「あそびかたブック」をてがかりに、からだのさまざまな感覚を使って作品を感じる展示やイベントがたくさん用意されているので、遊び心を持ってちょっと違った作品の見方も楽しめます。
「遊ぶ」だけでなく、なぜ「ひらく」なのかも考えてみてくださいね。
この展覧会には、とっても深い意味が込められています!!

「「遊び」と「お遊び」は全然違う。「遊び」は真剣な、全人間的な、つまり命のすべてをぶつけての無償の行為だ」 ―岡本太郎

展示と同時開催で、多数の体験型のイベントが行われます。
キットパスを使ったコーナーも3年連続で今年も「太郎であそぼう」コーナーに参加しています!
一昨年の「巨大TAROぬりえに挑戦!」、昨年の「顔を描こう!仮面を作ろう!」が好評でしたが、今年は展覧会の一番最後にキットパスで絵が描ける「太郎であそぼう」コーナーがあります。

見てきた岡本太郎さんの作品の一部が欠けているぬりえに、自分で考えた絵を描き加えて、岡本太郎さんとのコラボ作品がつくれるようになっています。

作品はお持ち帰りできますが、完成作品箱に入れてもらった作品は、美術館に飾ってもらえます。
日本理化学のHPでもみなさんの作品の展示の様子を写真でご紹介していきます。

展示と共に、体験コーナーにも、ぜひぜひ参加してくださいね。
未就学のお子さんも保護者同伴で参加できます。





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

<7/18 - 8/1の様子>(8/3更新)

7/18- 展覧会をスタートしてからたくさんの皆様が来場され、太郎であそぼう!コーナーは好評で、
毎日お子さんから大人の方まで夢中になっていらっしゃるそうです。

作品はお持ち帰りになる方もたくさんいらっしゃる中、美術館に残していただいた作品だけでも、8月1日時点で400枚以上になりました!

岡本太郎美術館では、作品がたまってきたので、たくさんの作品の中から少しずつ展示室内に飾ってくださっています。
これからも10/4まで展示数を増やしていくそうなので、そちらもぜひ楽しみにご覧くださいね。

川崎市岡本太郎美術館「遊び ひらく 岡本太郎展」参加型イベント「太郎であそぼう」コーナーにキットパスで参加しました(2015年7月18日〜10月4日)




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

(8月10日更新)
岡本太郎美術館では、来館者の作品展示スペースを広げ、より多くの皆さんの作品を展示してくださっています。

作品鑑賞の後に、太郎であそぼう!コーナーにご参加くださいね。

完成作品をおいて行ってくださった皆さんの作品の増えていく展示もどうぞご覧ください♪

川崎市岡本太郎美術館「遊び ひらく 岡本太郎展」参加型イベント「太郎であそぼう」コーナーにキットパスで参加しました(2015年7月18日〜10月4日)












【企画展概要】

展覧会名:『遊び ひらく 岡本太郎展』

現代の作家たちの展示:
7月18日〜8月30日 若木くるみさん 作家さんが展示の一部になってパフォーマンスを行っています
9月1日〜10月4日 中島佑太さん ワークショップ型作品展示

常設展:「岡本太郎のなんだ、これは!」7月9日〜10月4日





【関連イベント】
◆毎日開催の参加型イベント「太郎であそぼう」
 「キットパス」を使って、見てきた岡本太郎さんの作品の一部が欠けているぬりえに、自分で考えた絵を描き加えて、岡本太郎さんとのコラボ作品がつくれるようになっています。
 ぬり絵図案の種類は6種類。質問に答えながら自分だけの作品をつくってくださいね(^_-)-☆

川崎市岡本太郎美術館「遊び ひらく 岡本太郎展」参加型イベント「太郎であそぼう」コーナーにキットパスで参加しました(2015年7月18日〜10月4日)





日時:会期中毎日開催  ※休館日を除く
対象:どなたでも参加できます。
参加無料(企画展観覧料が必要です)
参加方法:申込不要・自由参加。

その他、「太郎でおはなしをつくろう」、赤ちゃんツアー「あかちゃんと太郎」、「太郎とカラダであそぼうツアー」、においで感じる「太郎のくんくんウォーク」、ギャラリートークがあります。
イベント申し込み方法は、岡本太郎美術館ホームページをご確認ください→http://www.taromuseum.jp

企画展『遊び ひらく 岡本太郎展』&関連イベント川崎市岡本太郎美術館「遊び ひらく 岡本太郎展」参加型イベント「太郎であそぼう」コーナーにキットパスで参加しました(2015年7月18日〜10月4日)


川崎市岡本太郎美術館「遊び ひらく 岡本太郎展」参加型イベント「太郎であそぼう」コーナーにキットパスで参加しました(2015年7月18日〜10月4日)企画展&関連イベントチラシダウンロード(PDF 3.4Mb)川崎市岡本太郎美術館「遊び ひらく 岡本太郎展」参加型イベント「太郎であそぼう」コーナーにキットパスで参加しました(2015年7月18日〜10月4日)

会期:2014年7月18日(土)〜10月4日(日)
料金:一般800(640)円/高・大学生・65歳以上600(480)円/ 中学生以下無料
※本料金で常設展もご覧いただけます
※( )内は20名以上の団体料金
休館日:月曜日(7月20日、9月21日を除く)、7月21日、9月24日
場所:岡本太郎美術館(埋め込みリンク:http://www.taromuseum.jp)
   川崎市多摩区桝形7-1-5 電話:044-900-9898 map&交通案内
主催:川崎市岡本太郎美術館
助成:一般財団法人地域創造
協力:武蔵野美術大学芸術文化学科、一般社団法人 MILA、日本理化学工業株式会社

2013年「巨大TAROぬりえに挑戦!」
2014年「顔を描こう!仮面を作ろう!」


川崎市岡本太郎美術館「遊び ひらく 岡本太郎展」参加型イベント「太郎であそぼう」コーナーにキットパスで参加しました(2015年7月18日〜10月4日)

川崎市岡本太郎美術館「遊び ひらく 岡本太郎展」参加型イベント「太郎であそぼう」コーナーにキットパスで参加しました(2015年7月18日〜10月4日)